歯周病は細菌(歯周病菌)と、宿主(体の抵抗力)と、お口の中の環境が複雑にからみ合っておきる病気です。

その中でも歯周病菌はもっとも大きな原因です。

従来の治療は、その菌を減らすために患者さんに一生懸命、歯ブラシで磨いてもらっていました。歯科医院では歯石を削り取ったり、ひどい場合は悪い歯ぐきを手術で切り取ったり、歯を抜いてしまうこともありました。

しかし、それでも歯周病菌を除菌することは不可能といわれてきました。

歯周病は菌が原因なのであれば、その菌を薬で除菌すれば治るのではないかという考えで、先人達は様々な試みをされましたが、不可能ではないにしろ、様々な理由からそれは実現しませんでした。

しかし、今ようやくそれが可能になりました。

最新歯周内科治療をご紹介します。 

当院副院長 津島克正は国際歯周内科学研究会代表理事を務めております。 

isimp_color2.gif 

国際歯周内科学研究会HP http://www.isimp.jp/

歯周内科治療の流れ

 ●検査 

お口の中の歯周病菌の存在、量を把握するために位相差顕微鏡検査を行います。

お口の中の歯垢(プラーク)をほんの少し採取し、それを位相差顕微鏡で観察します。

顕微鏡で見ることで、口の中の歯周病菌の存在、量を確認できます。

 100429ペリオセーバー.jpg

 ●診断  

検査 によってわかった菌の状態から、歯周病治療においてお薬が必要かどうか、また必要であればどのようなお薬が最適なのかを診断します。

perio1.jpg

  ●治療 

診断結果をもとに治療計画をたて、必要に応じてお薬を処方します。

使用するお薬は、内服として、歯周病菌に有効な抗菌薬と歯磨剤として抗真菌剤を処方します。

 ●再検査  

 perio2.jpg

投薬後、歯周病菌が減ったかどうか、再度、位相差顕微鏡を使用して確認します。

歯周病菌の状態が改善されたのを確認後、歯周ポケット検査を行い、歯石とり(病態によって回数は異なります)を行います。

 ●メンテナンス 

位相差顕微鏡検査と歯周ポケット検査を再度行い、治癒を確認します。

良くなった歯ぐきを長く維持させるために2~6ヶ月ごとの定期健診をおすすめします。
なお、現在歯周病内科治療は健康保険の適用になっておりません。

歯周内科治療のTOPへ

歯周内科治療の効果

◆当院での治療成績

歯周内科治療1週間後の自覚症状の改善率

  • 歯ぐきが腫れている   88.5%
  • 歯ブラシをすると血が出る   92.6%
  • 歯ぐきを押すと膿が出る   90.9%
  • 朝起きると口の中がネバネバして気持ち悪い   82.8%
  • 口臭が気になる     71.1%

◆歯ぐきの変化

図5a.jpg図7a.JPG

治療前            治療後 (歯周内科治療&歯石取り)

◆歯周病菌検査

PCR検査という遺伝子レベルの外注検査で歯周病菌が除菌されているのが確認されます。

歯周病菌検査

歯周内科治療のTOPへ